国土交通省 住み替え等円滑化推進事業・ファイナンシャルプランナーによる無料相談窓口(千葉市後援)|2017年3月までの期間限定

→佐倉市版はこちらへ

だれでも自分の将来の生活設計は心配があります。
住まいや土地など財産の相続、節税等、お金に関する生活設計の専門家である
一級ファイナンシャルプランナー(国家資格)の無料相談窓口をオープンしています。
この機会に、将来の暮らしに関するお金の不安について、ご相談されてはいかがですか?
※ファイナンシャルプランナーとは?→

こんなお悩みはありませんか?

高齢者施設で暮らす費用を生み出すために、戸建て住宅を売却してアパートを建てるのはどうか。
アパート経営によって老後の生活費を確保する方法が増えています。しかし、住宅は余ってきており、借家人が見つからないこともあるので、相談してください。
客が付かないないマンションを賃貸住宅にする処分
住宅を売却する方法は、これまで資産を資金化する方法として一般的でしたが、住宅が余ってきているので、買い手が出てこないなど失敗するおそれがあります。この場合、賃貸住宅として不動産を活用する方法があります。
不要になった不動産の処分
持ち家を複数所有する方は、売却や賃貸住宅化して資金化する方法が取れます。しかし、その場合には、工場希望者や居住者のニーズが必要ですので、相談をしてください。
賃貸住宅に居住しているが、老後の住まいや生活のゆとりについて、心配している。
住みつづけるのが良いと考えられるが、高齢者施設に必要な最少の経費などベストな方法を相談してください。
住宅のバリアフリー化リフォームの資金相談
玄関の敷居や浴室の縁・部屋の敷居など…住まいの各所にある段差を無くし、手すりを付けて暮らしやすくするバリアフリーは、高齢者が必要としているリフォームです。
ローンの方法や行政が支給する補助金の情報や使い方を提案します。必要によって、建築士やケアマネージャーに同席してもらいます。
空家のままのマンションの税金対策の相談
不要になった戸建て住宅を空家として放置すると、これまでの固定資産税よりも高い税金が掛かります。
その処置の方法や、売却や賃貸住宅化する方法の相談をいたします。
リバースモーゲージで銀行から資金融資を受ける相談
お持ちの住まいや土地に資産価値がある場合、金融機関から、資産を担保として資金の提供をうけることができます。
担保の計算方法はあまり知られていないので、相談を受けると良いでしょう。
→リバースモーゲージとは?
不動産の遺産相続の相談
相続に関する制度は不定期で変わるので、まずはご相談することをおすすめします。
特に、複数の資産・複数の相続人の場合、争いを防ぎ納得のいく分割にするために、ご相談は必須です。

相談できる内容の一例

相談の種類
居住関係 遺言(財産の処分) 住まい土地のビジネス活用 トラブル解決
バリアフリー関係のリフォーム経費 法律の遺言情報 売却 隣地との境界問題
転居経費 継承者の争い アパート経営 住まい・土地の取引のトラブル
介護施設への入居経費 遺言作成 証券化  
  国や公共団体への寄付    
  継承者がいない時の処分    
  老後の健康不安    
財産のタイプ
住まい 土地 有価証券
借家(市営住宅、UR住宅、社宅、公務員宿舎) 第一種低層住居住宅地などの住居地域 現金、預金
持ち家(マンション、戸建、農家、商店) 準住居地域 株券、債券
借地借家(定期借地権住宅) 近隣商業地域、商業地域  
  工業地域等  

解決の方法

  1. 1.法律情報
  2. 2.現金の確保法
  3. 3.手続きの情報
  4. 4.相談窓口の情報
  5. 5.経費の情報
  6. 6.税金の情報
    (税理士と連携)
  7. 7.専門的な情報
    (建築士、ケアマネージャーと連携)

ご予約・お問い合わせ

…NPO法人ちば地域再生リサーチ よろず相談専用窓口

TEL:043-371-3596

FAX:043-332-9775

→FAXでお申し込みの場合、こちらの用紙をダウンロードの上、印刷してお使いください。

Eメール:finance@anotherreal.jp

〒261-0004 千葉市美浜区高洲2−3−14 高洲ショッピングセンター内
→google mapで見る

お申し込みからご相談の流れご相談は2回まで無料です

1相談内容の決定
まずは、専門家に相談する内容を決めましょう!
下記からあてはまるものをすべて選択してください。
1)税金対策 2)生活資金 3)財産相続 4)資産運用 5)老人ホームなど 6)その他
2お申し込み
お申し込みは、電話・FAX・Eメールからどうぞ。ホームページからも受け付けております。
①で決めた相談内容を忘れずにお伝えくださいね。
3日程調整
相談するファイナンシャルプランナーとお客様のご都合を調整の上、相談日時と場所を決定します。
4第1回相談
事前に伺った相談内容に基づき相談をおこないます(所要時間:約1時間)。
FPからの質問と簡単なアドバイスの後、2回目相談のアポを取ります。
5第2回相談
第2回相談では、1回目の相談内容を基にさらに詳しいアドバイスをします。
6報告書の送付
結果のレポートをお送りして完了です。
(要1ヶ月)

相談窓口開設日時

毎週曜日 13時〜16時

ご予約・お問い合わせ

…NPO法人ちば地域再生リサーチ よろず相談専用窓口

TEL:043-371-3596

FAX:043-332-9775

→FAXでお申し込みの場合、こちらの用紙をダウンロードの上、印刷してお使いください。

Eメール:finance@anotherreal.jp

〒261-0004 千葉市美浜区高洲2−3−14 高洲ショッピングセンター内
→google mapで見る

▲